ダポキセチンって何?

ダポキセチンは早漏改善できる薬の成分です。この成分が含まれている薬を服用することによって射精時間を伸ばすことができるので、早漏だからといって深く悩む必要はありません。射精時間を伸ばしたい方はこの成分が含まれている薬を使ってみましょう。

ダポキセチンって何?

ダポキセチンと早漏民族と女について

日本人はセロトニンの分泌量が少ない人が多いことから早漏民族と呼ばれることがありますが、割合にすると60%以上の人がこれに該当するので、日本人の半数以上が遺伝的に早漏民族になる可能性があります。克服するためにはセロトニンの分泌量を増やすことが重要なのですが、早漏民族の素質があっても実際には早漏でない人のほうが多いので、セックスに対する不安な気持ちを持たなければ十分に対処することができます。ダポキセチンはSSRIの薬なのでセロトニンの受容体に作用して不安を取り除くことができるので、正常なセックスが出来るようになりますが、女性に対してのコンプレックスは自分で克服しなければならないので、ダポキセチンを服用しながら女性に対する考え方を修正することが重要です。思春期の男性の場合は女性に対して偏見や妄想を抱きやすいので、実際にセックスをすると緊張感や不安で早漏などの症状が出やすいのですが、それを気にすることで症状が悪化するので、リラックスをして不安を取り除くことが大切で、そのためにダポキセチンを服用することもできます。またダポキセチンなどのSSRIの薬には射精を遅らせる副作用があるので、これを利用すると早漏を改善することができますが、脳に作用する薬なので投与を中止する場合には医師の指導にしたがって少しずつ減らさなければなりません。早漏の直接の原因は不安や緊張なので回数を重ねることで改善されることもあります。またSSRIの服用に抵抗がある場合には亀頭に塗るタイプの薬があるので、それらを利用することで早漏を防ぐことができます。しかし根本的な治療ではないので女性やセックスに対する考え方を正しくしなければなりません。