ダポキセチンって何?

ダポキセチンは早漏改善できる薬の成分です。この成分が含まれている薬を服用することによって射精時間を伸ばすことができるので、早漏だからといって深く悩む必要はありません。射精時間を伸ばしたい方はこの成分が含まれている薬を使ってみましょう。

ダポキセチンって何?

ダポキセチンにはどのような作用があるのか

現在早漏症で悩む男性も多く、早漏改善に良いとされるダポキセチンは日本では一般的に流通していませんがヨーロッパなどの国々でその成分が配合された医療薬が普及されています。
そんなダポキセチンは元々は抗うつ剤として用いられており、うつ病治療を目的として利用されていました。
ところがこの薬を服用していた患者から射精が遅くなるという報告を多く受け、そこから早漏防止薬としても開発されるようになりました。
このダポキセチンは服用することで性的興奮を抑えるセロトニンと呼ばれる脳内物質を増やす効果があります。そのため脳内の興奮状態が一定に抑えられ、昂っている気持ちが落ち着くようになります。 これによって脳の状態が一定に保たれ男性の早漏を防ぐことにつながるということです。
この効果は個人差があるものの半数以上の患者がダポキセチンの効果を実感し、服用した早漏症患者の挿入から射精までの時間が普段の3倍から4倍ほどに伸びたといわれています。
そんな作用を持つ一方、副作用として多くの症例も報告されていることから医師から処方された量を厳守する必要があります。
その副作用は頭痛や吐き気、腹痛や疲労感などがあり、多くは軽度といわれています。
しかしその副作用が重度になる場合もあるため、必ず医師から副作用の内容とそのときの処置を相談をするようにしましょう。
また、一部中枢神経系に有効な薬などの別の病気の治療薬と併用して服用すると危険であることから処方してもらう際には現在服用している薬について伝える必要があります。
そのほかにも18歳以下の男性や女性の使用も禁止されており、これらの注意事項を守った上で早漏対策として使用することをおすすめします。

ダポキセチンは元々は抗鬱剤として使われていた

ダポキセチンは射精感を減退させる作用があり、早漏改善の治療薬として使われている成分です。
早漏に悩む男性は、男性器への強い刺激によって突発的に射精してしまうか、精神的な原因または加齢によって射精がコントロールできず、思わず射精してしまうことが多いようです。
それらの様々な原因にも対応し、射精への時間を延長して改善できるのがダポキセチンとなっています。
この成分は元々、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)として開発され、うつ症状やうつ病患者に使用されていました。
セロトニンは、ノルアドレナリンやドパミンを抑える作用を持ち、精神の安定や睡眠の欲求に応えるなど三大神経伝達物質のひとつとされています。
この物質が減少すると、精神が不安定に陥り、うつ症状が引き起こされると言われています。セロトニンが分泌される神経細胞にフタをする選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)を投与すると、セロトニンが減少するのを防ぎ、気分が落ち込むなどの精神を安定化させることができます。
こうした作用機序で、ダポキセチンをうつ病患者に投与していましたが、患者から射精までの時間が長くなったという報告があり、実際に射精までの時間に作用する効果があるのが臨床結果で出たことから、早漏治療薬として販売されるようになりました。
ノルアドレナリンは交感神経を活発化させると射精を促すことから、ダポキセチンがセロトニンの量を増やし、ノルアドレナリンを抑制するために射精までの時間を抑えているのではと考えられています。
ダポキセチンを服用すると、射精までの時間は3~4倍まで延長され、コントロールがしやすくなることから、早漏治療薬として使用されています。

ダポキセチンの服用方法

ダポキセチンの服用方法はセックスの1時間前までに服用するというものですが、SSRIは効果が長く続くので朝服用しても夜まで効果が持続する可能性もあるので、あまり時間を気にする必要はありません。
注意点としては他のSSRIの薬との併用をさけることで、同じ作用を持つ薬を複数飲むことで過剰摂取になるので、眠気が増したり、不安や緊張が高まるなどの症状が出ることがあります。
ダポキセチンは比較的安全性の高い薬なので副作用の心配はありませんが、射精が遅くなりすぎてセックスに支障をきたすことがあるので、分量を加減するなどの工夫が必要な場合もあります。
ダポキセチンは脳内のセロトニン受容体に作用する薬なので食後に服用するのが一般的ですが、効果を高める場合には空腹時に服用することもできます。
早漏は精神的なストレスなどが原因なのでダポキセチンを服用し続けていると不安や緊張が軽減されますが、セックスの前だけに服用している場合は射精が遅くなる効果だけになります。
ダポキセチンは価格が1錠あたり2000円程度ですが、精神科などを受診している場合にはSSRIを処方してもらって射精が遅くなるのを確認してから個人輸入を利用することもできます。
しかしダポキセチンの服用で根本的に治療することはできないので、認知行動療法などで不安や緊張を根本的になくさなければなりません。
早漏は思春期の若者に多いのですが、この場合には一時的な症状なので放置しておいても完治するのが一般的です。思春期に早漏になるのは女性に対する恐れや偏見などが原因なので、セックスの回数や交際する期間が長くなると自然に早漏が完治します。
治らない場合は局所麻酔薬などを含んでいる専用のクリームを使用することができます。

■世界初の経口摂取タイプの早漏治療薬です
プリリジー

■通販で簡単にコンプレックスを消せるんです
タダポックス